ひめぎん総合リース株式会社
プライバシーポリシー 採用情報
リースのメリット
ひめぎん総合リースのご活用
メリット1 資金が固定化せず効率的に活用できます。
リースの利用により、多額の購入資金の必要性がなくなります。月々一定のリース料で機械設備の使用が可能となり、資金の固定化を防ぐことが出来ます。
メリット2 機械・設備の陳腐化が防止できます。
技術革新に伴い、法定耐用年数に到達しない間に機械設備の経済的寿命が尽きてしまうケースがしばしばあります。リース期間を法定耐用年数よりも短い適正リース期間内で設定できるため、計画的な新鋭設備への更新が図れます。
メリット3 管理事務の合理化が図れます。
機械設備を購入した場合、減価償却事務、諸税金の申告・納付、損害保険の付保手続き事務等発生しますが、リースを利用した場合はこれらの負担がなくなり、管理部門の合理化が図れます。
メリット4 経費の平準化が図れます。
リース料は、税法上経費として全額損金処理が可能です。リース期間を通じて均等に費用化でき、収益とのバランスを保つことができます。
メリット5 金利の変動リスクを回避できます。
借入れによる購入の場合は金利情勢により、借入金の利率変動の影響を受けますが、リースの場合リース期間中は固定金利ですので金利の変動リスク負担を回避できます。
メリット6 資金調達に余裕ができます。
リースの利用により、設備資金を長期で調達したのと同様の効果が生じ、且つ金融機関の借入枠を温存できるため、資金調達に余裕が出来ます。
リース利用だと資金の有効活用ができます
リース投資減税制度/リース助成制度
法人税額または所得税額から一定割合の額を控除できる投資減税制度、国や地方自治体がリース料の一部を助成するリース助成制度がございます。
詳しくはひめぎん総合リースにお問い合わせください。
お問い合せはこちら
オートリースのメリット
オートリースのメリットについては、「オートリース」のページもご覧ください。
詳しくはこちら
業務内容一般リースオートリースリースのしくみ|リースのメリット|Q&A会社概要お問い合せリンク