ひめぎん総合リース株式会社
プライバシーポリシー 採用情報
リースのしくみ
リースのしくみ
ひめぎん総合リースが「経営の合理化」をお手伝いします
お客様がご希望の機器・設備を、ひめぎん総合リースがメーカー/ディーラーと売買契約し、お客様にお貸しします。
リース物件の対象は、あらゆるメーカーの機器・設備となりますので、お客様の希望する機種を自由に選ぶことができます。
また、リース物件に対する損害保険会社との保険契約、地方自治体への固定資産税の納付についても、ひめぎん総合リースが行ないます。
資金調達面におけるリースの特徴
リース利用だと資金を有効活用できます
リースの利用は、設備導入の面では、実質上資金を借り入れ設備投資した場合と同じ効果が得られます。しかも、金融機関からの借り入れによる購入に比べ、金融機関からの借入枠は温存されますので、資金調達力に余裕が生まれます。
リースによる設備導入は、一時に多額の購入資金を必要としません。毎月のリース料支払いだけで済みますから、機械設備の購入による資金の固定化が避けられ、その資金を有効に活用することができます。
借入れによる購入の場合は金利情勢により、借入金の利率変動の影響を受けますが、リースの場合リース期間中は固定金利ですので金利の変動リスク負担を回避できます。
設備の所有にこだわらず、機能を重視する事で、限られた資金を活かして、必要な設備を導入し、効率経営を実現するのがリースシステムです。
その他ご不明な点はお問い合せください。 お問い合せはこちら
業務内容一般リースオートリース|リースのしくみ|リースのメリットQ&A会社概要お問い合せリンク